ちら見10分でわかるアコムのおまとめローン

アイフルは、2011年からおまとめローンの取り扱いを開始しました。

複数の会社を一つににまとめるおまとめローン、返済サービスですが特徴としては金融機関でありながら総量規制の対象外となるため年収の3分の1を越えたとしても借り入れでできる事です。

■消費者金融のおまとめローンは金利が高いのでは?

と思ったらそんなことはなく金利が安いまま借りれるそうです。

おまとめローンはまさに利用者にとって救済企画で追い詰められた人を救うために作られた制度です。

消費者金融としても払ってもらわなければ利益が出ません。

下手に走って自己破産に行かれたらそれこそきつい物があります。

それなら低金利でもいいから返して欲しいというわけなのかもしれません。

■返済期間がのびて増えた?

金利が低くなったし、払う額も減った、得したなー と思う方も多いかもしれません。

しかし気づけば損してるという事もあります。

えぇ?どういうことと、思われる方も多いですが代表的なのは「返済期間がのびて支払利息が増えた」というケースです。

おまとめローンのうたい文句は、月々の支払いが減る場合という場合です。

しかしこれは返済期間が伸びたと言い換える場合もあります。返済期間が多いとそれだけ支払う利息も多くなってしまいます。

金利や返済額ばかり見ず返済期間と元金を見て判断するほうがいいでしょう。

このように、おまとめローンでは「目先のおトク感」だけではなく、返済総額がおまとめ前よりも小さくなるかどうかが重要と言えます。

■最大のメリットは厳しい審査より通りやすさ

普通おまとめローンには通常より厳しい審査があります。

おまとめローンは今よりも金利が安くなることが最大のポイントですが、当然金利が安いところほど人気が殺到しますし審査が厳しくなります。

特に銀行系は顕著で、審査に時間と手間がかかるため余計に厳しい感じがします。しかも審査に落ちた場合また1から会社から選び直さなくてはいけません。

これは相当に堪えます、いままでやって来た時間もフイにしてしまうからでしょう。

そこで金融系にしては金利が安く審査が通りやすいという点は大きいです。

無駄に短期間に何社も申し込みをするとその情報が金融機関内で共有され、「リスクの高い人」として審査に通りにくくなります。

これが痛くてもしブラック認定された場合半年間は借りれなく成ります。

せいぜい月に一~二度が申込み回数が限度なのです。

おまとめローンの審査に受かるには、金融機関に「ちゃんと返せる人」とアピールしましょう。

アコムの場合ACカードで返済実績がある場合審査に通りやすくもなります。

まとめ

アイフルのおまとめローン

ACカードを使ってた場合審査が通りやすい。

銀行より金利は高めだが他社よりもだいぶ低め

銀行より圧倒的に審査が通りやすし、審査時間も早め

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>